薬を飲む男性

EDはErectileDysfunctionのことで、満足な性行為を行うにおいて十分な勃起を得ることができなかったり、維持できないような状態が持続したり再発することを意味します。勃起は神経系や血管系などが正常に動くことによって起こる仕組みです。しかし何かしらの障害が起きていると、EDになると言われています。ED症状にはいろいろな原因があり、例えば加齢や精神的なもの、高血圧症や糖尿病といった生活習慣病が原因となっていることもあるでしょう。症状から別の病気が見つかるケースもあります。原因としてストレスといった精神的且つ心理的な原因や、糖尿病や高血圧症などによる心血管系疾患などがあげられます。肥満や運動不足、喫煙といった生活習慣から引き起こることも多いので注意が必要です。

通常性的な刺激により神経を介して勃起の信号が脳から送られると、陰茎海綿体にある動脈が開き血液が流れ込むようになっています。海綿体はスポンジみたいに血液を吸い込むことで膨張したり、硬くなりことができこれが勃起した状態になります。しかし生活習慣病だったり心理的な原因によって神経や血管などの働きが十分ではない場合、陰茎海綿体に対する血液の流れ込み方が足りなくなり、ED症状を引き起こす仕組みです。例えば糖尿病になると神経が害されるので、血管が硬くなり性的刺激に関係する血管拡張が不十分になっていきます。血流を抑制することになるので、糖尿病患者が持っている悩みにはEDだったり、性欲低下などがあげられます。高血圧症の場合は血圧が高くなると血管が損傷し、硬く狭くなることによって男性器への血流を抑制する仕組みです。生活習慣病と一緒に症状が現れることがあるので注意がしましょう。

薬によってEDを起こすリスクもあり、例えば精神的疾患や神経学的疾患の治療に使われてい薬でEDが起こるリスクがあります。これらの薬には脳の神経細胞に作用し、抑うつや不安といったいろいろな症状を改善することが可能です。しかし同時に身体の他の部位にも影響することが多く、神経の働きに影響することによってEDの原因となるケースがあります。例えば降圧薬や前立腺肥大症治療薬、髄腔内バクロフェロンや非ステロイド性抗炎症薬などには注意が必要で、医師と相談しながらEDと向き合うことが大切です。心因性の場合、性行為への恐れやうつ状態、パートナーとの緊張関係などが関係しています。ストレスを多く抱えているとEDになりやすい傾向があり、心的外傷ストレス障害により発生率が高まると言われています。原因と向き合うことによって、効率良く治療することが可能です。